【バジリスク3】打ち方・フラグ解説 - スロット解析情報便



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)トラックバック(-)Edit

【バジリスク3】打ち方・フラグ解説

スロット最新台解析『バジリスク3』打ち方・レア小役解説


バジリスク3打ち方

▼通常時の打ち方
基本的には適当打ちでokで目押しをせずとも小役をフォローできるうえに、停止形から成立役を察知可能。

▼BC・ART中の打ち方
押し順ナビ発生時はナビに従えばok。
目押しが必要なのはBC・ART中に瞳術絵柄を狙う時(逆押しカットインが発生)とBCを揃える時のみ。
※今作では逆押し以外では瞳術図柄が揃わないので中押しで1確は不可。逆挟みテンパイで2確。
スポンサーリンク

▼フラグ解説

◆弱チェリーと強チェリー
チェリーは強弱の2種類が存在し、2連チェリーなら弱チェリー。3連チェリーなら強チェリーとなる。
また、強チェリーは弱チェリーより派手な入賞音が発生する。

◆巻物
巻物はリプレイフラグとなっており、上段または右下がりに揃う。また、強弱の概念はない。

◆チャンス目
チャンス目の停止形はリールを止めた順によって異なるが、役割には差異はない。
停止形を問わず9枚獲得できる。また、第3停止時にフラッシュを伴うので見逃し厳禁。

◆押し順ベル
押し順ベルは押し順に正解すれば中段に揃い9枚獲得。
押し順不正解時はベルこぼし1枚 or ベルこぼし目が出現する。

◆共通ベル
共通ベルは押し順を問わず中段にベルが揃う。
通常時の中段ベル揃いは、押し順ベルか共通ベルを判断できないが判別する必要もない。
ART中は押し順ナビなし時にベルが揃えば共通ベル。


スポンサーリンク

関連記事

コメント(0)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

Copyright © スロット解析情報便 All Rights Reserved.
スロット解析・新台スペック・当選確率・期待値・チャンスゾーン・天井恩恵などのまとめサイト
トンカットアリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。