パチスロ【めぞん一刻~桜の下で~】天井・スペック 解析まとめ - スロット解析情報便



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)トラックバック(-)Edit

パチスロ【めぞん一刻~桜の下で~】天井・スペック 解析まとめ

スロット最新台解析『めぞん一刻~桜の下で~』天井・スペック 解析まとめ


mezo0987653456798pg.jpg

オリンピアの人気版権シリーズ新台『パチスロめぞん一刻~桜の下で~』が5月30日にリリースされる予定だ。
4作目となる本機はA+RTスペックを採用し、全てのボーナス後に30G固定のRT『ドラマチックタイム』に突入し、
ボーナス連に期待が持てる仕様となり、更にボーナス中の技術介入要素やビタ押しによる設定示唆演出や、
原作の感動的なストーリーにも注目となっている。

スポンサーリンク



【基本情報】
メーカー:オリンピア
機種名:めぞん一刻 桜の下で
型式名:めぞん一刻桜の下でN/F4
導入予定日:2016年5月30日
導入台数:約10,000台
タイプ:A+RT
RT純増:現状維持
RTゲーム数:30G
BB獲得枚数:311枚
RB獲得枚数:155枚
ベース:34.5G
コイン単価:2.5回転

【ボーナス】
BONUSの種類は『レギュラー』・『青7ビッグ』・『赤7ビッグ』の3種類となり、
ボーナス(REG・BIG問わず)終了後は必ず30ゲーム固定のRT『ドラマチックタイム』に突入する。

レギュラーボーナス『青7・青7・BAR』で成立
最大155枚
終了後は30GのRT
青7ビッグボーナス『青7・青7・青7』で成立
最大311枚
終了後は30GのRT
赤7ビッグボーナス『赤7・赤7・赤7』で成立
最大311枚
終了後は30GのRT

【ボーナス中技術介入要素】
ボーナス(REG・BIG問わず)中、特定図柄を目押しすることで最大枚数を獲得することが出来る。
逆押しで左リールに上段青7を停止させることが出来れば技術介入成功となり、
REG時は155枚、BIG時は311枚の獲得が可能となっている。

桜ランプと設定示唆セリフ
レギュラーボーナス中、左リール上段にいずれかのボーナス図柄をビタ押しすると「桜ランプ」が点灯。
桜ランプ点灯個数が多いほど設定示唆の役割を担う「セリフ演出」の発生期待度がアップする仕様。

【RT『ドラマチックタイム』】
ドラマチックタイムは全てのボーナス終了後に必ず突入する30G間のRT。
RT中のボーナス当選期待度は設定1で約13%とやや低めとなっている。

当選契機:ボーナス終了後
継続ゲーム数:30G
ボーナス期待度:約13%(設定1)


スポンサーリンク



関連記事

コメント(0)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

Copyright © スロット解析情報便 All Rights Reserved.
スロット解析・新台スペック・当選確率・期待値・チャンスゾーン・天井恩恵などのまとめサイト
トンカットアリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。